FC2ブログ
IMG_5265.jpg
金木犀が香りだした頃、
母がお誕生日を迎えました。

59さい。
いつのまにそんなにおばあちゃんになっちゃたの?
白髪が増えて、
花の茎の液が指紋に
くっきりと残るその働き者の手は
ひいばあちゃんの手にそっくりだ。

母と一緒に暮らした日々はわずか16年。
私も、弟も、妹も
とても早くに親離れをしてしまったので
家族ですごした時間は普通の家庭よりも
ずっとずっと短いものなのかもしれない。

そこからそれぞれの人生があり
この夏にリニューアルオープンして
生まれ変わった花屋は
長年、ぽっかりと空いてしまった
母と娘の時間を
埋めてくれるように
舞い込んだ出来事なのです。

母は、慈愛に満ちた人で
海のように心が広く
どんな時でも品を忘れない人。

普通のおかあさんに憧れていたけど
私は母の娘であって良かったと思う。

人生においても
子育てについても
とても為になることを
たくさん
教えてくれる。

母の束ねるブーケは
いつもお花が笑っているよう。

モノではなく
生きているもの
としてみるから。

まだまだ私は
母の手直しなしでは
りっぱな花を束ねられません。
けれども、
もうとっくに
子育てや仕事を終え
老後を楽しんでいる
世の中のおばあちゃまたちを
見ていると
1日でも早く
すべてを習得して
一人前にならねばと
心して誓う自分がいます。

叶えたい夢がたくさん
たくさんある。

ひとつひとつ心の中で
思うことが叶いますように。

こちらで出会ったお友達、
または、ここを訪れてくださり
私達の店を知り
お花をオーダーくださった
皆様。
本当にありがとうございます。


オープンしてからちょうど明日で3カ月が経ちます。
これからもひとつひとつ
母と娘で真心を込めてお花を届けてまいりますので
どうぞ宜しくお願い致します。


スポンサーサイト



秋空の下で
小学校でのはじめての運動会
がありました。
大きなバッグには
むすこの大好物をしっかりお重に
つめこんで。

IMG_5184.jpg

かけっこもどのこもいっしょうけんめい。
ビリッけつを気にしていた息子でしたが(笑)
キラキラして走る姿は
私にとっては一等賞。
笑って見れた自分にほっとしてみたり(笑)

マルモリダンスを
お家で一緒に笑いながら
You Tubeで練習して
黄色の手袋をはめて一生懸命踊る姿は
ただただ可愛いそれだけでした。


IMG_5212.jpg
六年生の
組体操。
以前から
この学校の特色として
組体操が素晴らしいとは聞いていたのですが
六年生のママ並に
夫婦で思わず涙がぽろりと
落ちてしまうほど心を動かされました。
皆で心を一つにして
取り組むその姿に。
砂だらけになりながら
演技し続ける子供たちが
どのこもきらきら眩しくって、
かっこ良かった!

この日。むすこが一番楽しかったこと。
上級生のお兄さん、お姉さんたちの
応援団だったそうで、
大きな声で声援しているすがたに
彼は心を打たれたようです。(笑)
最初から最後までかなりの
長時間。
ずっと応援団の真似をしてエールを
送り続けたむすこ。
上級生になったら
応援団希望らしいです。(笑)


すっごく緊張したけど
うんどうかい。たのしかった!

そう聞けたことが何より嬉しい。





私とむすこの誕生月でもある夏という季節。
獅子座の仕業かな。
いつも大きく何かが起こる季節はきまって夏。
この夏は、母と再スタートさせたお店のリニューアル
オープンからはじまり、
怒濤の日々。

夏休み前半は
通っているレッスンでの
サマースクールに参加。
5日間。みっちり英語だけの時間を過ごし、
たった5日間なのにListeningが少しでも
身に付いたのは嬉しい収穫。
お家でもカタコト英語話すのが
おもしろかったな。

それ以外は学校で預かってもらう予定だったのに
楽しくないからと言い出すので
仕方なく子連れ出勤。
働きながら店先で宿題や、コラショをさせ
お尻を叩きながら仕事をするのは本当に大変でしたが
小さな彼なりによく頑張りました。

おやすみの日には、家族でキャンプ。
お友達とイベントに、美術館やパン教室。
パパとはお祭りやプールや釣りに。
毎日が楽しいイベントいっぱいには
させてあげれなかったけど
むすこにとって思い出に残るものが一つでも
あったとしたらおかあさんうれしいよ。

そんな日々の中私も一つ年をとり、
むすこも7さいになりました。

普段は、お勉強?
できないよりできたほうがいい。
ご飯のときはお行儀よくね。
お友達とは仲良くね。
と口うるさくなって、期待すればするほど
嫌なおかあさんになるよ。
本当に大切にしたいことって何かな?
むすこが毎日笑ってくれること。
たくさんの楽しい、おもしろいを
見つけてくれること。
それだけで十分なのにね。
なんですぐに忘れちゃうのかな?
一緒に寝た時の寝姿がずいぶんと長くなっちゃって
急にさみしくなってしまったり、
毎日喜怒哀楽が激しい私を
包み込んでくれているのはむすこの方なのです。
こんなおかあさんでごめんね!(笑)

そして、大好きなおばあちゃんの一周忌も
迎えました。
泣き虫な私が泣かないように、
毎日泣いている暇なんかないぐらい
充実した日々を過ごせれたのは
おばあちゃんのおかげ。
ききちゃん、私の為に泣いてばっかりいないで
しっかりし~や。がんばりやって
背中を押してくれてたのかなって
思わずにはいられない。


IMG_4991.jpg

陽が落ちるのが急に早くなった
夏の終わりに
楽しかったこと、いろいろ
おもいだして、一人
さみしくなったりせつなくなったり
している母なのでした。(笑)
IMG_4917.jpg

IMG_4920_2.jpg
海からの帰り道
目の前に広がったきいろきいろきいろ。
歯ぬけなお顔(笑)に、
おまけに今にもずりおちそうなサーフパンツ。。
あ~素敵な風景だったのにな(笑)
でもこんな仕上がりも私と息子らしいといえばそう。
IMG_4882.jpgIMG_4880.jpgIMG_4894.jpgIMG_4901.jpgIMG_4942.jpgIMG_4933.jpgIMG_4940_2.jpgIMG_4921_2_20110821123026.jpgIMG_4911.jpgIMG_4941.jpgIMG_4886_20110821125104.jpg

夏の海キャンプはサバイバル。
炎天下の中テントを設置するのも一苦労。
暑さは人を狂わせる(笑)
組み立てるのに、どんだけ夫婦喧嘩した?(笑)
虫除け対策も万全と思いきや、
メッシュ窓のチャックが開いていたおかげで
親子三人で蚊の餌食に(笑)
食べてもいいよって寝転んでいたようなものね(笑)

それでも朝夕と海風が涼しく、
焼き鳥や、BBQ 〆は焼きマシュマロを楽しんだり
こちらにきた目的のひとつ、ドルフィンと触れ合えて家族で
感動したんだからけっこう楽しんだほうよね。

ひんやりと冷たかった海。
帰り道に見た向日葵。
もっとしたいとだだをこねた花火。
テントを片付けている時に現れた
しょうりょうバッタのしょうちゃん。
帰り道に食べたジェラード。
ぜんぶぜんぶ夏のおもいで。




| main | next »